犬との生活をハッピーにする情報サイト*ペチカコラム

  • ペット産業

ペットシッターのお仕事、あなたもはじめてみませんか?

ペットシッターを開業して、はや3年が経ち事業も軌道に乗り始めました。開業から多くの飼い主さんやペットに携わっていろんな事を経験し、自分自身も成長できたと感じてます。専門学校卒業後にペット業界で働き始め、ペットシッターとして開業を決意した経験が、少しでもペット業界で働きたい方、悩んでる方の助けになればと思います。

ペットショップからの転職を決意

高校を出た後すぐに動物の専門学校に進学して、その後、ペットショップで働きました。もともとペットが好きだった私はワクワクしながら働きはじめたはずなのに、働いて1年が経とうとした頃に現実を突きつけられました。

労働時間は長いし、給料がアルバイトなみで生活するのがいっぱいいっぱいでした。体調が悪くても慢性的な人手不足のため休むこともできず体を壊してしまい、あんなにも憧れの仕事が辞めたいという気持ちに変わっていました。働き始めて1年で転職を決意してしまいました。

ペットシッターを開業したきっかけについて

ペット業界から離れようと悩んでいた私は、色々な仕事を探しましたが、「いつかペットのお仕事がしたい」という子どもの頃からの夢を諦めきれない自分がいました。そんな時に親友から、出張や残業で泊まりや帰りが遅く愛犬が心配なのでペットホテルに預けた所、逆にストレスで体調を崩してしまったと相談を受けました。なにかいい方法はないかと聞かれ、ネットでの情報収集をしていた所「ペットシッター」を知ることになりました。

その時、今までの経験と友達の悩みが、今自分がやるべき仕事ではないかと思いペットシッターを開業しようと決意した瞬間でした。

ペットにはもちろん、飼い主さまにも喜んでもらえる素敵な仕事

担当したワンちゃんが私に懐いてくれたり、お世話に行く度に尻尾を振って喜んでくれる姿は本当に嬉しいものです。初めは隠れて姿を見せなかったネコちゃんも、お 世話の回数を重ねることで少しずつ姿を見せてくれる感動は、まるで飼い主様の家族の一員になったかのように感じられ、最高に幸せです。

飼い主様に「ありがとう」っていわれると、やってよかった!どんなに辛くても、がんばろうって思える仕事です。命を預かるという責任あるお仕事ですが、こんなにも感謝されるお仕事は他にはないのではないかと思うほどやりがいもあります。

ペットシッターを始めたい、ペット業界で悩んでるあなたへ

ペットのお仕事は、動物相手のお仕事なのでキレイなことだけではありません。うんちやおしっこを片付けたり、時には噛まれることもあるかと思います。また、飼い主様から怒られたりすることもあるかと思います。

ただ、色々なことを含めて動物がほんとうに好きだと思える気持ちがあるのであれば、ぜひペットシッターをはじめてみませんか?私も開業するまでは不安で押しつぶされそうでしたが、今はほんとうにはじめて良かったと思っています。不安や悩みもあるかと思いますが、勇気をだして最初の一歩踏み出してみましょう!