犬との生活をハッピーにする情報サイト*ペチカコラム

  • トレーニング
  • 散歩

放っておくと危険?!愛犬の引っ張りぐせをしつけよう!

ワンちゃんのしつけの相談数でも上位にくることの多い「引っ張りグセ」。 お散歩のたびにグイグイ前に引っ張られていると、手も痛いし、飼い主さんもお散歩が楽しいとは思えなくなってしまいがち・・・
楽しくお散歩を続けるためにも、引っ張りに困っている飼い主さんはぜひ、「引っ張りグセ」について一緒に考えてみませんか?

引っ張りグセを放置すると命の危険も

引っ張りグセは一見するとワンちゃんがグイグイと前に引っ張るだけで、そのほかには大きな問題はないように感じられます。
しかし、引っ張った勢いで、リードや首輪が壊れてしまったり、飼い主さんがリードを離してしまったりといったことが起きると交通事故やトラブルにつながりかねません。
また、継続して頚椎への負担がかかることで、ヘルニアなどの病気にもかかりやすくなります。
引っ張りグセはなるべく早めに対処しておきましょう。

引っ張り防止のトレーニング

前へ引っ張るワンちゃんの多くは、お散歩が楽しく興奮していて、「グイグイ引っ張らないとお散歩できない!」「お散歩とは引っ張るもの」と思っているワンちゃんがほとんどです。
トレーニングの際は焦らずじっくりと取り組み、不安な場合や、手に負えないと感じた場合は専門家に相談をしましょう。

①飼い主さんのことを見て歩くことを教える

飼い主さんのことを見上げることで引っ張ることを防止するトレーニングです。 特に吠えるワンちゃんならば、吠え防止のためにもコチラを優先してトレーニングしましょう。

②飼い主さんの横を自然と歩くことを教える

超小型犬で見上げるトレーニングをしづらい、もしくは吠えない引っ張りのワンちゃんの場合は 飼い主さんの横を歩くことを教えていきます。

①と②を場面によって使い分けるのもおすすめです。

引っ張り防止トレーニングに使用できる道具とは?

大型犬や気管が弱いワンちゃんには引っ張り防止の道具を使うこともおすすめです。 私のスクールではイージーウォークハーネスをおすすめしています。 逆におすすめできない道具が2つあります。 ペットショップでおすすめされたとしても、使用は控えることをおすすめします。 1つめはチョークチェーンやピンチカラーと呼ばれるもの。 プロの訓練士さんでないと扱いが非常に難しい道具で、 使い方を誤れば、首をしめてしまうので、飼い主さんの判断だけでの使用は危険です。 2つめは引っ張り防止ではないハーネス。 前方向へ引っ張りやすいワンちゃんにとっては、 こういった背中からリードがでているハーネスは胸や前足で勢いよく引っ張ることができてしまうので、 引っ張りをトレーニングするはずが、実は逆効果であることが多いのです。

引っ張りを防止して、愛犬とのお散歩を楽しんでくださいね!